折込チラシのメリットとデメリット

チラシ

新聞に折り込まれているチラシを新聞折込チラシといいます。印刷会社でチラシ印刷をした際に印刷会社のサービスの1つです。折込チラシを新聞に入れる際は、折り込みたい地域、日にち、どの新聞社に折り込むのかを選ぶ事ができます。折込をしたい地域を決めているとその地域で新聞をとっている人に情報を届ける事ができるので、お店の特売や、新店舗の告知や、お店の宣伝などを自分の告知したいタイミングで配布する事ができます。また、最近ではスマホやネットの普及に伴い、紙媒体だけでなくネットでの広告の仕方も増えてきています。しかし、地域によっては折込チラシの宣伝方法はまだまだ強い効果を発揮しているのも事実です。
折込チラシのメリットは特定の地域の方に向けて情報を届ける事が出来る事です。例えば、新しい店舗をオープンさせて、開店したという情報を知らせたい場合、店舗の周りの地域に配達される新聞に折込チラシを挟むことで、情報を知らせる事ができるのです。受け取る側のお客も、家から近いし寄ってみようかな?というような気持ちにさせるので、お客を呼び込むきっかけになります。また紙の媒体なので、お店に行った時に売り出されている商品と情報を見比べたりする事ができるので、買いたい物をリストにした時絞り込みやすいのです。一方で、折込チラシにもデメリットがあります。それは、届けたい年齢層を絞って情報を届ける事ができないという事です。新聞に折り込むので、不特定多数に見てもらえる半面、届けたい人の目に留まりにくいといったデメリットがあります。お店の特売を載せていた場合、その情報が必要な主婦の方々が新聞を読まなければ情報が入ってこないといったデメリットがあるのです。

Copyright© 2018 こだわりのチラシ印刷で自分らしい世界で一つのチラシを作ろう All Rights Reserved.